新しいユナイテッドファーストシート

先日ユナイテッドに乗った際に、機内誌のHemispheres Magazineを読んでいたらユナイテッド国内線のファーストクラスの座席が刷新されるという記事が載っていました。ユナイテッドのアメリカ国内線の現行ファーストクラスの座席は本当に魅力がないので、久々に少しうれしいニュースです。

新しいユナイテッドファーストシート
Introducing the new United First seat

ユナイテッド航空では、お客様のご旅行を出来る限り快適なものにできるように、機上で提供する体験について常に改善を努めています。そのためユナイテッドファーストの座席を新しくすることにしました。

ロンドンが拠点のデザイン事務所で航空業界やホテル業界の画期的なデザインのエキスパートであるPriestmanGoodeとともに、ユナイテッドの新しいファーストクラスの座席がとても快適で旅行者にとって使いやすいものであるように、2年間をかけて作り上げました。

デザインの過程で、お客様をシカゴの本社ビルに招いて、いくつかの座席の選択肢を試してもらい意見を聞いたり、その他にどんな特徴が理想の飛行機の座席に求められているかを聞いてみました。これらのフィードバックをデザインに取り入れ、モダンな仕上げと上質の素材を利用し出来上がった結果、とても優れた旅行体験を提供できるもとなりました。

新しいユナイテッドファーストの座席の重要な要素は、今までにない快適さの提供にこだわったということです。座席自体は美しいツートーンのレザーを利用、6段階調節のできるヘッドレスト、そして心地よくパッディングされたシートクッションは座席を倒すと体にうまくフィットするようにできています。

その基礎をもとに、アーム部分にタブレットやラップトップ用の収納スロット、飲み物ボトル用のコンパートメント、そしてダブルシートバックポケットなど、便利な収納スペースを設けました。

座席にはまた、200以上ものスマートフォンやタブレットで利用ができるホルダーつきで、特許取得済みのトレイテーブルを設置しました。これにより、お食事や飲み物でトレイテーブルを利用している間でも、ユナイテッドプライベートスクリーニングで機内エンターテイメントを楽しむことができるようになります。また座席にはユニバーサルタイプのAC電源が着いており、機上でも充電をすることが可能です。

この新しいユナイテッドファーストの座席はエアバス機材、737-300機材、そして757-300機材に近々搭載される予定です。その他の機材にも順次搭載予定です。お客様が新しい座席を楽しんでいただけるよう、そして細かいディテールまでこだわったデザインを気に入ってもらえることを願います。

注:この記事はユナイテッド航空のアメリカ国内線のファーストクラスシートに関しての内容です。国際線のファーストクラスはGlobal Firstで、ビジネスクラスはBusiness Firstです。

新しいユナイテッドファーストシート、機内誌の記事
新しいユナイテッドファーストシート、機内誌の記事
新しいユナイテッドファーストシート、シカゴオヘア空港のユナイテッド国内線
新しいユナイテッドファーストシート、シカゴオヘア空港のユナイテッド国内線

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です