エクスペディアがAirbnbのライバルHomeAwayを買収

米エクスペディアがバケーションレンタル予約サービスを提供するHomeAway社を約39億ドル(約4740億円)で買収することになったそうです。いわゆる「民泊」で最近は日本でもよく耳にするようになった、Airbnbに対抗するためです。

エクスペディアはTravelocityやOrbitzも買収したりして、かなりアグレッシブに領域を広げています。これは、旅行やホテル予約ウェブサイトとしては少し間を離されてしまっているPriceline.comやBooking.comに少しでも追いつくための策ではないかと、ニュースサイトなどでは分析されています。

私個人としては、Expedia.comもTravelocityもOrbitzもPricelineもBooking.comも、すべて価格比較の際には利用します。最終的な予約数でいったら、Orbitz≧Booking.com>Expedia.com>Priceline>Travelocityみたいな感じです。

やっぱり世界のホテルとしてみると、Booking.comが圧倒的に強いです。とてもくまなく世界中のホテルを網羅しています。アメリカのホテルに限ると、割引クーポンやOrbucksとかでポイント還元率の高いOrbitzに軍配が上がります。

さて、話を元に戻してExpediaのHomeAway買収の件です。私個人的にはAirbnbは本人確認の手続きが面倒(免許証のスキャンとかを送信する)で、利用していません。そこまでして民泊を利用するメリットが見つからないのです。料金が安いのはわかりますが、ホストとのやり取りなど、面倒なことが多い気がします。(利用したことがないので、魅力がわからないだけかもしれませんが)。

私はとにかくホテル好きなので、ホテルならではの非日常の閉ざされた特別な空間が大好きです。チェックインしたら誰にも構ってほしくありません。ハウスキーピングも最低限でしか頼まないし、滞在中も出来る限り誰とも顔を合わせたくないです。チェックアウトも常にテレビや電話でエクスプレスチェックアウトを利用しています。

なので、Expedia.comに取り込まれるHomeAwayが、普通のオンラインホテル予約のように住所と名前、クレジットカードで料金を決済する、という手続きだけで利用できるようになるならば、いつかどこかで利用してみたいと思います。

今後の動向を見守りたいです。

私の世界一のお気に入りホテル、パークハイアット東京
私の世界一のお気に入りホテル、パークハイアット東京

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です